浴室リフォームを経験した電気工事店|補助金は自分から調べないともらえない

今回、利用したのは

両方の対象になれたので、両方利用できました。

川口市の方は、かなり人気で先着順のため、9月募集に間に合うように契約の必要がありました。そして、川口市に本社がある施工業者でないとだめ。

こどもみらいは、部分ごとに金額が決められていていました。節水型水栓、断熱浴槽、手すりの設置などです。

特に入口を広げることが金額が大きいことに驚きました。

こどもみらい補助金だといくらになるか書かれているショールームもある

補助金を受けるための申請がかなり面倒で、会社によっては補助金専用部署があるそうです。

完成写真を撮るのも、何度もやり直すことがあると業者さんが教えてくれました。

断熱浴槽は金額が大きい

このブログを書いている時点では(2022年12月13日)両方とも締め切られているようです

ただ、補助金を使えるかどうか、いつ募集があるかは自分で調べないと使えません。市町村、県、国、とその時々で補助金が変わってきます。使ってお得に工事をする場合は、自分で情報を得る必要があると思います。